遊び心のある空間創り「調和」をキーワードに快適な住空間をプロデュース

私は、これまでに大手ハウスメーカーや工務店、建築事務所に在籍し、様々な建築設計に関わる技術や工法、建築素材等に携わり、いろいろな経験を重ねてきました。
1996年に「一級建築士事務所 耀建築設計」を設立し、住まい創りの仕事を通じ多くの方々と出会いを重ね、そのなかで住まい造りには、「機能性」、「耐久性」、「安全性」、「経済性」、「メンテナンス」など、様々な要素が求められていることを改めて認識いたしました。 そしてたどり着いた思いは、それらをバランス良く一つの形にまとめ、そのバランスを崩すことなく、ちょっとした遊び心をプラスすることで、潤いを与え、余裕のある建物を造るということです。 その住まい造りのためには、建築主と信頼関係を築く事が何より大切だと考えています。 そして、その住まい造りの共同作業を通じ、建築主の暮らしの質が高まる喜びを一緒に感じていきたいと思っています。

代表プロフィール

松本和之 Kazuyuki Matsumoto
1954年 愛媛県生まれ
1978年 福井大学工学部建設工学科卒
ハウスメーカー、工務店、設計事務所を経て
1996年 一級建築士事務所 耀建築設計を設立

事務所の名前について

耀の字の意味は、かがやいているという意味です。 事務所に係わる全ての人が、かがやけるようにとの願いを込めています。

ロゴマークについて

耀建築設計の頭文字「Y」をモチーフとしています。 3つの楕円は、上から施主、施工者、設計者を意味し、 施主と施工者をつなぎ合わせ、下から支えるという意味を込めています。

メディア

国際グラフ2009.3月号に萩原流行氏との対談記事が掲載されました。

←対談記事は画像をクリック下さい