遊び心のある空間創り「調和」をキーワードに快適な住空間をプロデュース

1.お問い合わせ

メール、お電話などでご相談ください。できるだけお会いさせて頂き、ご要望をお伺いしたいと思います。 どんなことでもお気軽にご相談ください。

2.企画

予算や敷地、必要な部屋などを確認する打合せから、法的条件、コスト等、設計の前提となる条件をまとめた上で、おおまかな間取りやボリューム、敷地に対する建物の配置など検討し、ラフの平面図や立面図を作成します。
夢や希望、趣味など出来るだけ詳しく話していただいて、創造力を引き出してください。それが個性のある住まいづくりに重要なポイントになります。私と話が合わなくて、この先は上手くいかないと感じた場合は早めに中止してください。この時点で依頼を中止しても、お金はかかりません。

3.設計監理契約

「任せよう」と判断していただけましたら、この時点で設計・監理契約をお願いしています。

4.基本設計

具体的な打ち合わせをおこないながら、間取りや空間の構成、外観デザイン、設備の大まかな内容等を検討し、配置図、平面図、立面図、断面図、仕上表を作成します。
又その際、細かな法的チェック、構造の決定等をおこないます。

5.実施設計

確認申請図書を作成し、建築の確認申請、及び他法令に基づく申請、届け出を行います。 その間、基本設計に基づき、

意匠(平面詳細、矩計、展開図等各詳細図、外構等)
構造(構造計算書、構造図等)
電気設備(コンセント、スイッチ、照明、TV、電話等)
機械設備(水道、ガス、空調、換気等)

以上の実施設計図を作成します。
今ある家具を新居に持ち込む場合は大きさや配置を確認し、必要に応じて図面を修正します。
途中、疑問に感じる部分はしっかり確認してください。
仕上材料の色などは、基本的には工事が始まり現場で決めていきます。

6.管理業務

施工業者と工事のご契約をして頂き、以後監理をさせて頂きます。

a:施工業者選定
b:工事請負契約
c:地鎮祭
d:工事監理
e:各種検査

7.完成引き渡し

施工業者から建築主への引渡しに立ち会います。
引き渡し後も、建物に関するご相談はもちろんのこと、末長いおつきあいが始まります。